環境宣言


基本理念

株式会社ホテルギンモンドは宿泊を営む企業として、快適な施設及びサービスの提供と自然環境との調和が重要な課題の一つと認識し、この環境方針に沿って事業活動のあらゆる側面で、環境負荷の低減及び環境保護に配慮して行動します。

方針

  1. 当社の全ての事業活動・及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。なお環境保護には、接続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護などを含みます。
  2. 当社の環境関連の法的及びその他の要求事項を厳守します。
  3. 当社は以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    (1)電力使用量の維持(削減)
    (2)生物多様性に基づく緑化活動
    (3)周辺の清掃等啓発活動
  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践出来るように、この環境宣言を組織の全員に周知すると共に一般の人々が入手できるようにします。
  5. 京のアジェンダ21フォーラムのパートナーシップに基づく地域の環境改善活動に積極的に参画します。

上記の方針達成のために、環境改善目標を設定するとともに定期的に見直し、環境マネジメント活動を推進します。

制定日 2014年6月1日
改訂日 2017年6月1日
株式会社ホテルギンモンド

■環境マネジメントシステムに基づく環境改善に向けた取り組み

  1. 資源使用量の削減
    電気エネルギーや紙資源の使用量削減と利用効率向上を目標に定め、弊社は環境負荷低減に対する各種取り組みとして「空調温度の適正管理」「夜間における不要照明の消灯」「電球照明のLED化」「グリーン調達の推奨」「印刷物の両面印刷やNアップ」等を実施しております。
  2. 生物多様性に基づく緑化活動
    京都の自然環境や伝統文化を支えてきた生物の保全・再生をめざし策定された「京都市生物多様性プラン」に基づき、京都三大祭りの一つ「葵祭」で使用される、希少植物であるフタバアオイの育成活動に取り組んでおります。
  3. 周辺の清掃等啓発活動
    ホテル周辺地区を中心に、京都市内の清掃活動を定期的に実践しています。

宿泊予約

大人名様 子供名様